2分で読む古事記

古事記とは?

ヤマタノオロチ

日本のはじまりってどんな感じだったの?
――古事記を読めば、そんな疑問はスッキリ解消! わたしたちが子供のころに聞いた昔話も、日本の神様のあれやこれやも、古代史のてんやわんやも全部判ってしまいます。

古事記は和銅5年(712年)に書かれた日本最古の歴史書。当時はひらがなもなかったので、変体漢文と呼ばれる漢字だらけの文章です。原文はとても難解ですが、各ストーリーのあらすじを判りやすく、おおよそあっさり2分で読める量でまとめてあります。
→さらに詳しく…


2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

読みものいろいろ