2分で読む古事記

因幡のしろうさぎ > 何度も死ぬ大国主 > 大国主の試練

12:上巻~何度も死ぬ大国主

兄神たちの策略

求婚に向かった兄弟の神たちに対して、ヤガミヒメは、
「私はあなたたちの言うことを聞く気はありません!大国主と結婚します!」
と宣言。
これを聞いた兄弟の神たちは激怒しました。いっそ大国主を殺してしまおうと共謀し、伯耆(ほうき・鳥取県)の手間の山(てまのやま・鳥取県南部町)の麓で大国主に次のように命じたのです。

「この山には赤い色のイノシシがいるんだ。俺たちがイノシシを追いかけて下におびき寄せるから、お前は待機して捕まえるんだ。もしも失敗したら、お前の命はないからな」

兄弟の神たちはイノシシに似た大きな岩を火で焼き、上から転がしました。山の下で待機していた大国主でしたが、焼かれた岩を捕まえようとして大やけど。そして死んでしまったのでした。

イノシシ
▲猪突猛進

再び死んでしまう大国主

大国主の訃報を知った彼の母神は、高天原のカミムスビの神にすがりつきました。カミムスビはふたりの女神を遣わし、彼を生き返らせました。
女神は彼の遺体を集め、もうひとりの女神が母乳を塗ったところ、大国主は元のイケメンの姿で復活したのです。

これを見た兄弟の神たちは、またも大国主を騙して山に連れて行きました。
兄弟の神たちは大きな大きな木を切り倒し、その木に楔(くさび)を打ち込みます。そして大国主にできた隙間に入るように命じました。
彼が隙間に入ったところで、なんと神たちは楔を引き抜いて挟み殺してしまったのです。

再び彼の母神が泣きながら彼を捜し出し、木の間から彼を救いだして生き返らせました。
そして母神は言い聞かせます。
「あなたはこのままここにいると、兄弟に本当に亡き者にされてしまうでしょう…」
母神は木の国(きのくに・和歌山県)オオヤビコ(大屋毘古神・イソタケル)の元に行って身を隠すように、大国主に言いました。

大きな木
▲大きな木を切り倒して…

速攻で結婚する大国主

しかし兄弟の神たちは諦めません。またも大国主を追い掛けてきて、弓で矢を射る構えで彼を引き渡すよう要求しました。そこでオオヤビコは木の俣から大国主を逃し、そっとアドバイス。
スサノオのいる黄泉の国(根之堅州國)に行きなさい。彼が良い知恵を授けてくれるだろうから」

こうして大国主スサノオのもとを訪ねたところ、スサノオの娘のスセリビメ(須勢理毘売)が出てきました。
ふたりは一目でお互いを気に入り、結婚。
スセリビメは御殿へ戻り、そこにいたスサノオに向かって、
「イケメンの神がいらっしゃいましたよ」
と言いました。

ラブラブなカップル
▲ラブラブなカップル

続きを読む

  13:上巻

大国主の試練

 

2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

  24:上巻

海幸山幸【中編】

有名

読みものいろいろ