2分で読む古事記

地上界を欲しがるアマテラス > 三度目の使者 > そっくりさん騒動

17:上巻~三度目の使者

三度目の正直?

またまたアマテラスとタカミムスビは、神々を集めて尋ねました。
アメノワカヒコが全然帰って来ない! 今度はどの神を派遣して、アメノワカヒコが帰って来ない理由を探らせるべき?」
神々とオモイカネは、
「鳴女(なきめ)という名前のキジを派遣しましょう」
と答えました。

そこでアマテラスはキジの鳴女に、
「地上に行ってアメノワカヒコに『お前を地上に派遣したのは、乱暴な神たちを大人しくさせるためなのに、どうして八年も経つのに全然帰って来ないのか?』って訊いておいで」
と命じたのでした。

キジ
▲キジ

鳴くのなら殺してしまえ

キジの鳴女は高天原から地上へ降り、アメノワカヒコの家の門のところにあるカツラの木に留まりました。そして命じられたことを伝えました。
するとアメノサグメ(天佐具売)という女がそれを耳にして、アメノワカヒコに、
「あの鳥の鳴き声がムカつく。射殺してちょうだいよ」
と進言したのです。

アメノワカヒコアマテラスから授かった天鹿児弓(あめのかごゆみ)という弓と天羽々矢(あめのはばや)という矢で、キジの鳴女を射って殺してしまいます。
矢はキジの鳴女の胸を突き破り、さらに上昇して、天安河原(あまのやすかわら)にいたアマテラスとタカミムスビのところにまで届いたのでした。

カツラ
▲カツラ

アメノワカヒコの死

タカミムスビが矢を手にしてみると、矢の羽に血がべっとり。
「これはアメノワカヒコに授けた矢ではないか」
と言い、神々にも矢を見せました。

アメノワカヒコが我々の命令に背くことなく、この矢が悪い神を射った矢なのだったら、矢はアメノワカヒコには当たらない。
逆に彼が邪心まみれなのだったら、矢が当たって死ぬはずだ」
と言って、その矢を地上に向かって下に投げ返すと、朝寝していたアメノワカヒコの胸に命中。彼は死んでしまったのでした。

またキジの鳴女は戻って来ませんでした。行ったきり帰ってこない使いのことを「雉のひたつかい」というのは、このエピソードがその由来です。

苦しむ男
▲く…苦しい…

続きを読む

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

  24:上巻

海幸山幸【中編】

有名

  25:上巻

海幸山幸【後編】

有名

読みものいろいろ