2分で読む古事記

ヤマタノオロチ > 因幡のしろうさぎ > 何度も死ぬ大国主

11:上巻~因幡のしろうさぎ

因幡のしろうさぎ

大国主には多くの兄弟の神がいました。しかしどの神も大国主に国を譲ってしまったのでした。それには次のような理由があったのです。

兄弟の神たちは因幡(いなば・鳥取県)に住むヤガミヒメと結婚したいと思い、求婚のために因幡に向かいました。
彼らは大国主に袋を背負わせ、荷物運びとして連れて行きました。

気多ノ前(けたのさき・鳥取市)というところまでやって来たとき、毛皮を剥ぎとられて丸裸になったうさぎが倒れているのを見つけました。
兄弟の神たちは、
「この海の塩水に浸かって、風によく当たるように高い山の上で寝そべっていれば治るよ」
とアドバイス。うさぎは言われたとおりにしました。
しかし身体の塩水が乾くにつれて、風に吹かれた皮膚はひび割れてしまったのです。

そりゃもう痛くて苦しくてたまりません。うさぎは泣き伏せってしまいます。
そこへ遅れてやって来た大国主が兎を見つけて、
「どうして泣いてるの?」
と尋ねました。

白いうさぎ
▲白いうさぎ

毛皮を剥がれたいきさつ

うさぎは答えました。
「ぼくは隠岐の島(おきのしま・島根県沖)に居て、ここに渡りたかったのです。でも手段がなかったので、海のサメを騙して『うさぎ族とサメ族、どっちの種族の方が数が多いのか比べっこをしようよ。
キミはサメ族の仲間を皆連れて来て、この島から気多ノ前まで順に並んでくれればいい。
そうしたらぼくが飛び跳ねてキミたちの背中を伝いながら、数をカウントするから。走りつつ数えながら渡ることにしよう。これでどっちの種族が多いか判るだろう?』と言ったのです。

騙されたサメがずらっと並び、ぼくは彼らの背中を飛び跳ねて数えながら海を渡りました。
そして今まさに岸に降りようとするとき、『ぼくにまんまと騙されたね!』と口走ったその瞬間、一番端にいたサメがぼくを捕えて毛皮を剥いでしまったのです。

こんなことがあったので泣いていたら、先ほど神さまたちから『海の塩水を浴びて、風に吹かれて寝転んでなさい』と命じられました。そのとおりにしたら、却って満身創痍になってしまったのです」

サメ
▲サメ

日本で初めての医術

そこで大国主はうさぎに教えます。
「すぐに河口へ行きなさい。そして真水で身体を洗って、河口に生えているガマの穂の花粉を撒いて、そこに寝転がりなさい。そうすれば元通りになるでしょう」
うさぎがそのとおりやってみると、身体は元のように健康に戻りました。

このうさぎは、因幡のしろうさぎと呼ばれています。うさぎの神なのです。

そのうさぎは、大国主に「あの神たちは絶対にヤガミヒメと結婚できないよ!袋を背負ったあなたが射止めるはず!」
と言ったのだとか。

ガマの穂
▲ガマの穂

続きを読む

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

  24:上巻

海幸山幸【中編】

有名

読みものいろいろ