2分で読む古事記

泣きわめくスサノオ > 誓約(うけい) > 天岩戸(あまのいわと)

7:上巻~誓約(うけい)

アマテラスの詰問

やって来たスサノオに向かって、アマテラスが言い放ちます。
「お前はなぜここへ上がって来たのか!」
スサノオは答えました。
「よこしまな心で来たんじゃありません。父さんのイザナギから泣いている理由を問われたので、『母の国に行きたい』と答えたら、『この国にいることはならぬ!』と追放されてしまったのです。
ここには挨拶に来ただけで、悪だくみをしようだなんて全然思ってないのに」

アマテラスは、
「お前の心がよこしまではないということを、一体どう証明するつもり?」
と尋ね、
スサノオは、
「誓約(うけい)をして、神の子を生んで証明しますよ」
と返しました。

(※誓約とは、古代の占いのこと。予め結果を宣言してそのとおりになるかならないかで、正邪を判断する)

詰問
▲姉に詰問されて…

誓約

こうしてお互いに天の安河(あめのやすかわ)と呼ばれる川を挟んで誓約をし、まずはアマテラススサノオの持っている長い剣を受け取りました。アマテラスは剣を三つに折って、神聖な井戸の水で清め、バリバリ噛み砕きます。
そして息をふーっと吹き出すと、三柱の女神が生まれました。

続いてスサノオは、アマテラスの左のみずらに巻いてあった勾玉(まがたま)をたくさん通した紐をもらい受け、神聖な井戸の水で清め、やはりバリバリ噛み砕きました。
そして息をふーっと吹き出すと、今度は五柱の男神が生まれました。

これを受けてアマテラスは言いました。
「お前が生んだ五柱の男神は、私の持ち物から生まれた神だから、当然私の子だわ。先に生まれた三柱の女神は、お前の剣から生まれた神だから、お前の子だよね」

吹き出した息
▲吹いた息から神が次々生まれた

横暴なスサノオ

するとスサノオは、
「私の心が清く、よこしまではないからこそ、私の子は女神だったのですよ。だから私の勝ち!」
と勝利宣言。
勝った勢いで調子に乗ったスサノオは、あろうことかアマテラスの田んぼの畦を壊し、溝を埋め、御殿に糞をまき散らしたのです。

けれどもアマテラスはそれを咎めず、
「糞は、弟が酔って吐き出した吐瀉物じゃないかしら…
田んぼの畦を壊したり、溝を埋めたりしたのも、田んぼを作り直そうとしたのだと思う…」
スサノオをかばったのでした。

ところがそんな姉の思いやりはどこへやら。スサノオのいたずらは酷くなる一方だったのです。

棚田
▲キレイに並んだ田んぼ、これをぶっ壊すスサノオ

続きを読む

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

  24:上巻

海幸山幸【中編】

有名

  25:上巻

海幸山幸【後編】

有名

読みものいろいろ