2分で読む古事記

天孫降臨 > コノハナノサクヤビメ > 海幸山幸【前編】

22:上巻~コノハナノサクヤビメ

ニニギの求婚

ニニギは笠沙の岬で美麗な女性と出会いました。彼が、
「誰の娘なのだい」
と尋ねたところ、女性は、
「山の神のオオヤマツミ(大山津見・「国生み」にて登場)の娘で、名はコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)と申します」
と答えました。さらに、
「あなたには兄弟はいるのかい」
と尋ね、コノハナノサクヤビメは、
イワナガヒメ(石長比売)という姉がおります」
と答えました。

「キミと結婚したいんだ。どう?」
ニニギがこう訊くと、彼女は、
「私の一存では何とも――父のオオヤマツミが答えてくれるでしょう」
と返事しました。

そんなわけでニニギは、オオヤマツミに対して娘との結婚を認めてくれと使者を遣わしました。オオヤマツミは喜んで有頂天になり、姉のイワナガヒメも一緒にもらってくれと、たくさんの結納の品を持たせて差し出したのです。

プロポーズ
▲一目ぼれしてプロポーズしてみたら…

天皇に寿命がある理由

ところがびっくり、イワナガヒメはすんごいブサイクだったのです。ニニギはひええええ!と思って彼女を親元に送り返し、コノハナノサクヤビメだけを残して結婚したのでした。

イワナガヒメが拒絶されて戻って来たことを、オオヤマツミはたいそう恥ずかしく思いました。
「娘を二人一緒に嫁にやったのは、イワナガヒメを妻にすれば、雪が降っても風が吹いても、あなたの命が石のように永遠なものになるからです。コノハナノサクヤビメを妻にすれば、木の花が咲き誇るように子孫繁栄するからです。
しかしあなたはイワナガヒメを送り返し、コノハナノサクヤビメだけを残された。高天原の神の御子の寿命は、木の花のように短くなってしまうでしょう」
こういうワケで、今にいたるまで天皇の命は長くなくなってしまったのです。

桜の花
▲花の命は短い

ゲスなことを言い出すニニギ

そののちコノハナノサクヤビメニニギのところに来て言いました。
「あなたの子供を授かり、まもなく産まれてきます。でも高天原の神の御子を私単独で産んで良いはずがありません。どうしたらいいでしょう」
ニニギはびっくりして、
「たった一晩過ごしただけで子を授かっただって? それは私の子ではない。地上の国の神の子なんじゃないのか」
と口走ります。

コノハナノサクヤビメは、
「私のお腹の子がもしも地上の国の神の子なら、無事に産まれることはないでしょう。もしも高天原の神の御子なら無事に産まれるでしょう」
と言い放ったかと思うと、窓がない大きな屋敷を建てて、中に入り、土で出入り口を塗り塞ぎました。そして出産するときには屋敷に放火して、その中で子を産んだのでした。

火が盛んに燃えているときに産まれた子の名は海幸彦(うみさちひこ・火照命)。次に産まれた子の名はホスセリノミコト(火須勢理命)。その次に産まれた子の名は山幸彦(やまさちひこ・火遠理命)。三柱の神が産まれたのです。

燃え上がる炎
▲侮辱の言葉を受けて炎の中で出産

続きを読む

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

2分で読む古事記もくじ

  1:序文

全体のあらすじと古事記成立過程

 

  2:上巻

天地開闢と
イザナギ・イザナミ

有名

  3:上巻

国生み

有名

  4:上巻

黄泉の国

有名

  5:上巻

黄泉比良坂
(よもつひらさか)

有名

  6:上巻

泣きわめく
スサノオ

 

  7:上巻

誓約(うけい)

有名

  8:上巻

天岩戸
(あまのいわと)

有名

  9:上巻

スサノオ再追放

有名

  10:上巻

ヤマタノオロチ

有名

  11:上巻

因幡のしろうさぎ

有名

  12:上巻

何度も死ぬ大国主

 

  13:上巻

大国主の試練

 

  14:上巻

大国主の妻問い

 

  15:上巻

甚だしい一夫多妻ぶりの大国主

 

  16:上巻

地上界を欲しがるアマテラス

 

  17:上巻

三度目の使者

 

  18:上巻

そっくりさん騒動

 

  19:上巻

大国主の国譲り
【前編】

有名

  20:上巻

大国主の国譲り
【後編】

有名

  21:上巻

天孫降臨

有名

  22:上巻

コノハナノサクヤビメ

 

  23:上巻

海幸山幸【前編】

有名

  24:上巻

海幸山幸【中編】

有名

  25:上巻

海幸山幸【後編】

有名

読みものいろいろ